神奈川県から子ども食堂への応援!

ほんそん子ども食堂「いただきます」では10月に神奈川県から子ども食堂応援事業協力金をいただきました。

コロナで今年の3月から子ども食堂の会場が使えなくなり、今までのようにキッチンで夕食を調理して、みんなで一緒に食べることができなくなりました。4年間続けてきた子ども食堂がストップし、毎回利用してくれていた子どもたちのことが気になりました。緊急事態宣言中、学校がお休みの間の昼食を子どもたちに提供したいという思いから、お弁当を調達して子ども食堂の価格で提供することにしました。
学校が始まってからは子ども食堂の開催時間にキッチンカーに来てもらって、予約を取ってお弁当を提供するようにしました。そのため、お米や食材を募り、寄付金をいただきながら、私たちで不足を補填して何とか安くお弁当を提供してきました。
生姜焼き、唐揚げ、ハッシュドビーフ、ホットドッグやカレーなど、美味しくて出来立てのお弁当は大変人気があり、毎回80~100食の予約がありました。

予約がたくさん入れば大勢の親子に会えると同時に、補填額も上がります。ひと月3万円の予算をたててきましたが、7万円を超えたこともあり、この形で継続して子ども食堂を運営していくことは厳しい状況でした。

そのような中で神奈川県からの応援は大変ありがたく、10月からの活動資金にあてさせていただきました。お弁当の予約を制限することなく継続して提供することができました。

11月になるとだんだん日も短くなり、お弁当をお渡しする夕方は暗く寒くなってきました。外でお渡しするのはどうなのだろうかと心配しましたが、次々と取りに来てくれるお父さん、お母さん、お子さんたちとお話ができ、日々の様子をうかがうことができました。

今後は月2回の子ども食堂のうち、一回はお弁当の提供を継続し、もう一回は子ども食堂を開催できる会場を探して、落ち着いて食べることができるよう室内で開きたいと思っています。密にならないような広さと、手洗い・うがいがすぐにできるところ、皆さんのアクセスが良いという条件を満たす会場、そして開催費用を集め、お手伝いしてくださるボランティアさんの手を借りないとできません。

どうぞ子育て中のお父さん、お母さんを応援し、子どもたちに楽しくおいしい食事を提供できるよう、子ども食堂にご協力ください。

ほんそん子ども食堂「いただきます」へのご支援はこちらまでよろしくお願いいたします。

お振込み先:
ゆうちょ銀行 店名 〇九八
普通 口座番号 2611214
チイキノオチャノマケンキュウジョサロンドテ

お問い合わせ先:
メール saitosanchi822@yahoo.co.jp

#地域のお茶の間研究所さろんどて
#子ども食堂
#神奈川県子ども食堂応援事業

神奈川県から子ども食堂への応援!
この記事をお届けした
地域のお茶の間研究所 さろんどての最新ニュース情報を、いいねしてチェックしよう!

フォローする