傾聴ボランティア養成編始まりました!

11月は毎週月曜、傾聴ボランティア茅ヶ崎と共催で4回の傾聴講座を行います。
講師はシニアライフセラピー研究所の鈴木しげ先生。

本講座は傾聴入門を勉強された方が対象で今回28名が受講です。

第1回目のテーマは『傾聴の目的』
導入は、応援に来てくださった井上朋代先生とラフターヨガです。写真はその様子です。
リズムに乗って、作り笑い。そこから脳が自然と本当の笑いと同じ反応をするそう。
職場に、家庭に笑いを!笑いこそが万能薬。実力発揮!

さて、傾聴って何のためにするんでしょうか?目的によって傾聴も違いますが、
この講座ではみんなで幸せになるために勉強していきます。

傾聴は
『こころを聴き、こころによりそい』
相手が『受けとめられた』と感じる関わりで
お互いが幸せになる関係がつくれること

幸せを目的とする傾聴を体験するために、皆さんから徹底的に褒めてもらうというグループワークをやりました。
初対面の方からいっぱい褒められるって嬉しいですね。その中でも一番うれしい褒められ方を伝えていきました。

さて、傾聴をしていくときに大切なのは、目標がみえているかどうか?
目標に向かっているでしょうか?目標がはっきりしていれば、振り返り、結果を観て、どのように次の声かけをするかがわかってきます。
第3・4回目の講座でこのへんを掘り下げていく予定です。

最後に朋代先生としげ先生が愚痴を言っている職員とその相談役に扮して、愚痴を言ってばかりのパタンを変え、こうありたい目標へのアプローチを
ロールプレイしてくださいました。
先生方のやり取りを見て、あ~なるほど、こう言えばよいのかとわかった気になりましたが、実際できるのかどうか・・・

どう言ったらよいのか?答えは相手の中にある。アドバイスではなく相手の目標によりそった傾聴ができたら、相手も自分も幸せになりますね!

いよいよここからが本番です(^^)/
気づきと発見があり、中身の濃いあっという間の2時間半でした!
次回もお楽しみに~

傾聴ボランティア養成編始まりました!
この記事をお届けした
地域のお茶の間研究所 さろんどての最新ニュース情報を、いいねしてチェックしよう!

フォローする