傾聴講座入門編 第3回目「家族と傾聴」~温かな聴き手を目指して~

今日のテーマは「家族と傾聴」。あなたにとって一番大切なものは?日本人の国民性調査によると「家族」が一番だそうです。あらためて家族って何?と問われ、その定義から今日の内容にぐいぐいと入っていきました。

「家族」はこうありたい、はそれぞれ違いますね。講師の澤村先生は、良好な家族関係のために、質問をし続け、本心の声に耳を傾けましょうとおっしゃいました。まさに「傾聴」です。

家族の会話は近い人だけに、暗黙のルール?とか自己主張のぶつかり合いだったり、思いやりが欠けていたり・・・実はアドバイスじゃなくて本当はただ共感してもらいたかったり、となかなかやっかいです。
身近な人なだけに家族では相手が何を望んでいるのかを実はあまりわかっていないのかもしれません。

今日の一押しは
「人生の終わりから大切なものを考える」ワークでした。あなたは家族にどんな人だったと言ってもらいたいですか?

自分を見つめ、自分の目標を具体的に思い描きます。そして相手の目標にも耳を傾けたいと思います。家族を大切にし、楽しく仲良く暮らすためにも「傾聴」なんですね!

来週はいよいよ最終回です。

傾聴講座入門編 第3回目「家族と傾聴」~温かな聴き手を目指して~
この記事をお届けした
地域のお茶の間研究所 さろんどての最新ニュース情報を、いいねしてチェックしよう!

フォローする