助成金をいただいて活動を継続しています!

新型コロナウィルスの感染を防ぐため、地域の茶の間「さいとうさんち」、「プレママと赤ちゃんの日」、ほんそん子ども食堂「いただきます」、思春期カフェを3月からお休みいたしました。

このような状況の中、必要としている方がいるので「フードパントリー」は休まず継続して来ました。それも、私たちの活動を応援してくださる方々がいるからです。公益社団法人フードバンクかながわ様やセカンドハーベスト・ジャパン様と提携し、お米や食材をわけていただいています。また不足の食材は、皆さまからのご寄付やコロナ禍での特別助成金で購入しお渡ししています。

そして、ほんそん子ども食堂「いただきます」も今までのようにキッチンで作った夕食をみんなで一緒に食べることはできませんが、5月からお弁当を取り寄せて半額でお渡ししたり、キッチンカーを呼んでテイクアウト方式で再開いたしました。学校が休校中は「子どもたちの昼食に助かりました!」と喜ばれ、取りにいらっしゃる親子さんとは「久しぶりだね~」「元気だった?」と笑顔で会話ができています。

まだまだ厳しい状況ですが、こうして何とか活動を継続することができるのは、私たちを応援してくださる方々から以下の助成をいただいているからです。ありがとうございました!

〇公益社団法人かながわ生き活き市民基金様より 新型コロナ対応緊急応援助成(2020年4月~5月)
→子ども食堂半額補てん、フードパントリーの食材購入他

〇社会福祉法人中央共同募金会様より 赤い羽根新型コロナ感染下の福祉活動応援全国キャンペーン フードバンク活動等応援助成(2020年3月~8月)
→フードパントリーの環境整備、交通費他

〇公益財団法人キューピーたまご財団様より 2020年度助成プログラムB「食を通した居場所づくり支援」新型コロナ禍対応特別助成事業(2020年7月~10月)
→子ども食堂半額補てん他

〇NPO法人全国子ども食堂支援センター・むすびえ様より 新型コロナウイルス対策緊急支援プロジェクト「むすびえ・こども食堂基金」第3回助成(2020年7月~2021年2月)
→子ども食堂食材購入、フードバンク交通費他

NO IMAGE
この記事をお届けした
地域のお茶の間研究所 さろんどての最新ニュース情報を、いいねしてチェックしよう!

フォローする